半月板損傷

半月板損傷バナー

半月板損傷バナー

このような症状でお困りではありませんか?

  • 膝の痛み
  • 膝を曲げ伸ばしした時に引っ掛かり感がある
  • 膝が腫れ、水がたまる
  • 運動時に膝が崩れる感じがある
  • 膝の曲げ伸ばしができなくなることがある
  • 膝の痛み(女性)
  • 膝の痛み(男性)

もし、あなたが半月板損傷といわれ手術は必要ないけど、薬や湿布では症状がようくなっていかない、このままの状態が続くのか、もしくはひどくなっていくのか不安になっている方は、ぜひ当院へご相談ください。

 

HP特別価格

LINEからの予約・お問い合わせ方法

LINE予約

LINEで予約するをタップして、【やまぐち鍼灸院】を友達追加していただくと、当院からの返信が届きますので、その案内を参考にしてメッセージを送ってください。

※当日のご予約はお電話にてお願いします

電話案内

半月板損傷とは?

半月板損傷とは、何らかの負担がかかり半月板に亀裂が入ることをいいます。亀裂が入る場所や損傷の種類にはいくつかあり、半月板の損傷した部位が関節で引っかかることもあります。

 

※半月板
半月板は膝関節の中で大腿骨と脛骨の間にある三日月形も繊維軟骨と呼ばれる軟骨で、内側と外側に1ずつあります。

半月板の機能としては、関節に加わる体重の負荷を分散させる、関節の位置を安定させる、膝の動きを滑らかにするなどがあげられます。
半月板を損傷するとこれらの動作に不具合が起こります。

半月板

半月板損傷の原因

スポーツによるもの(外傷性)

サッカーやバスケットボール、バレーボール、など、ストップやターン、ジャンプのような膝を曲げる、捻るなどの動作が多いスポーツや、ラグビーなどのコンタクトが多いスポーツは、半月板に負担がかかり損傷することが多い。

加齢によるもの

加齢により半月板に含まれる水分が減少し、膝関節にかかる体重の負荷を分散させる機能が、低下していき半月板が傷つきやすくなります。

高齢者の場合は変形性膝関節症を伴うことも多い。

生まれつき痛めやすい人がいる

生まれつき半月板が大きい。(円盤状半月板)

円盤状半月板は生まれつきの形態異常で、本来、半月板は三日月に近い半月板の形ですが、円盤状半月板は、円のような形になっています。そのため正常な半月板と比べ、負荷がかかりやすく、半月板の強度も弱いため損傷しやすくなります。

 

 

病院での検査

症状と検査で半月板損傷を疑えばMRIでの画像検査を行い、判断されます。

一般的な病院や整骨院での対処法

対処法には保存療法と手術療法があります。

保存療法

  • 鎮痛剤
  • 関節内注射
  • リハビリ
  • マッサージ、電気治療
  • サポーター、テーピング、足底板など
  • 病院
  • 薬

手術療法

症状がひどい、症状が長引いている、日常生活に支障が出る場合などに手術療法がおこなわれる場合があります。

当院の半月板損傷への考え・施術

半月板損傷は損傷の度合いや、場所により、症状が改善していく早さは変わっていきます。半月板の損傷が損傷前の状態になるということは血行がある部分を除き、手術なしでは難しいですが、症状が改善していく方は多くいます

 

半月板を損傷するということは、損傷する前から膝に負担がかかっている状態があったり、体が疲労していたということも考えられます。この状態のままだとたとえ症状がとれたとしても、また同じように半月板を損傷するかもしれません。

 

半月板を損傷すると膝をかばって他のところにも負担がかかっていき、身体のバランスが崩れていきます。体のバランスが崩れるのには個人差がありますが、主に筋肉の緊張、関節の可動域、血液循環の低下、内臓の機能低下が起こってきます。この状態だと身体がうまく回復していこうとしません。

これらの問題となっている部分を調整していくことで、身体が健康な状態に近づき、自分の身体が症状や不調を改善していくと考えています。

 

当院の半月板損傷の施術では身体が回復していきやすい状態にしていくことを目的としています。

 

※半月板には血管がある部位と、血行がない部位があります。血行がある部位で損傷が浅い場合、半月板が修復することもありますが、血行のない部分では、手術をしないと半月板は元の状態に戻ることはありません。

 

 

施術ポイント1(文字)

カウンセリング

カウンセリング

カウンセリングではまず、1番の悩みを聞いていきます。

症状に対して経緯や現在の状態、今の状態からどのようになりたいかを確認します。また、他にお体のことで気になることや、過去の病気や怪我などがあればそれもお聞きします。
どのような経過をたどってきたかを確認し、イメージすることで検査や施術の効果に反映させていきます。

施術ポイント2(文字)

患部以外も検査をする

施術(検査)

半月板損傷は、膝だけ検査して、施術をしても痛みがとれないことがあります。なぜなら原因が痛みがでている部分だけだとは限らないからです。患部以外も検査をすることで、他にも原因があるかをチェックしいていきます。

施術ポイント3(文字)

全身調整と鍼灸

  • 施術
  • 鍼
  • 灸

筋肉、関節の調整をすることで身体の血液循環を健康な状態に近づけていきます。その後調整ではとりきれない筋肉のこり、張り、深層の筋に対して鍼をしていきます。筋肉に鍼を刺すことで、血流が促進し、自己治癒力が高まります。内臓の機能低下が考えられる場合は経絡(ツボ)に鍼、灸をしていきます。

来院時の症状に合わせ、施術していくことで、半月板損傷の症状で悩まない健康な状態にしていきます。

HP特別価格

LINEからの予約・お問い合わせ方法

LINE予約

LINEで予約するをタップして、【やまぐち鍼灸院】を友達追加していただくと、当院からの返信が届きますので、その案内を参考にしてメッセージを送ってください。

※当日のご予約はお電話にてお願いします

当院が選ばれる3つの理由

1. 全身の調整と鍼灸による施術とあなたに必要なケア、アドバイス

施術

当院ではまず、鍼灸をする前に全身の調整をします。

症状があるところだけではなく、検査で気になった部分の筋肉や関節などの調整をしていきます。体に強い力をかけない負担の少ない施術になります。調整をすることにより鍼灸をするための土台作りをします。

 

鍼灸では症状により、深層の筋硬結や不調の原因と考えられる筋肉に鍼をしていく場合と、経絡による調整をしていく場合があります。

鍼の強みは、鍼で直接筋肉(組織)にアプローチできることと、東洋医学からのアプローチをすることで様々な身体の反応を引き起こすことができることだと考えています。

鍼についてはこちらを参照ください。
鍼はどんな作用があるの?

 

お灸は台紙の付いた直接火があたらないものを使用しますので、火傷の心配はありません。

 

施術だけでなく、自分でも効果的なケアをすることで、早期回復や再発防止につながります。また、身体に負担をかける癖がある方には、アドバイスをすることで同じような症状で悩まなくなっていきます。

2. 予約制で個室だから他の人が気にならない

施術室

当院は、一人鍼灸院になります。

 

予約制で個室なので、他の方に施術中の会話を聞かれるということはありません。悩みをなくしていくためには、人には聞かれたくないことも話していただくこともあります。気になることはどんなことでもいいのでお話し下さい。

 

予約時間には余裕をもって時間をとっていますので、施術中に他の方が来院するということもほとんどありません。

 

3.スペースに余裕がある 駐車場がある

駐車場

当院の駐車場は3台分あり、スペースにも余裕があります。道に面しており、車の通りもそれほど多くありませんので、出入りも難なくできます。

 

また、平日は21時まで受付しており、仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。土曜日も15時まで受付しているため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

予約制のため、ご来院いただいた際は待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

院長からのメッセージ

院長写真

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
院長の山口勲です。

 

生活をしていると何かと身体の不調がでてきます。
その原因となるものは筋肉、関節、姿勢、食事、ストレスなど様々な要因が考えられます。

 

当院は肩こり、腰痛、痛み、しびれなど身体の不調でお悩みの方、薬の量を少しでも減らしたいと思われている方が、悩まなくてもいいようにサポートをしていきたいと思っております。

お問い合わせは、電話以外にもメールLINEでも対応させていただいています。身体の相談や不安な点があればお気軽にお問い合わせください。
あなたのご来院を心よりお待ちしております。

 

LINEからの予約・お問い合わせ方法

LINE予約

LINEで予約するをタップして、【やまぐち鍼灸院】を友達追加していただくと、当院からの返信が届きますので、その案内を参考にしてメッセージを送ってください。

※当日のご予約はお電話にてお願いします

電話案内

追伸

院長の写真

当院へは様々な症状でお悩みの方が来院されます。

 

鍼灸は痛いこわいというイメージをお持ちの方が多いと思います。鍼を刺すわけですから、鍼が皮膚を貫く(切皮)ときに痛みを感じたり、時には出血をすることもあります。

 

しかし、想像しているより痛みが少ない、もしくは無痛の方が多いですし、出血もほとんどしません。
鍼は体内に刺すことができる数少ない施術です。

 

今までいろんな施術を試してきたけど、良くならなかった方が、鍼をすることで改善していくことは多いです。

 

当院は、薬を減らしたい薬をやめたいという方に対して、体質の変化を目的とした施術を行っていき、薬に頼らない健康な身体の状態を目指していきます。

 

鍼灸院に行くのは足がひけるという方が多いですが、実際来ていただいた方は、「もっと早く来ればよかった」と言われることがよくあります。

 

不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

文字(やまぐち鍼灸院 院長  山口 勲)  

営業時間

日(祝)
9:00~21:00   休み
9:00~15:00           休み