坐骨神経痛

坐骨神経痛バナー

坐骨神経痛バナー

このようなことでお悩みではありませんか?

  • お尻、足の痛みやしびれで思うように歩けない、休憩をしなければ続けて歩けない
  • 長時間立っていられない
  • 足に力が入らない
  • 足の痛み、しびれ感、違和感が気になる
  • 日常生活に支障が出る

このような坐骨神経痛の症状でお悩みならぜひ当院へご相談ください。

HP特別価格

施術院に直接行って、施術を受けてみないと自分に合っているかわかりません。

鍼灸の施術が初めての方や施術院にも行ったことがない方、電話しようか迷っている方が初めての鍼灸院で施術を受けて頂きやすいように、HPをみて頂いた方限定で初回特別価格にて施術させていただきます。

つらい症状、慢性的な症状でお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。

LINEからの予約・お問い合わせ方法

LINE予約

LINEで予約するをタップして、【やまぐち鍼灸院】を友達追加していただくと、当院からの返信が届きますので、その案内を参考にしてメッセージを送ってください。

※当日のご予約はお電話にてお願いします

電話番号、受付時間案内

坐骨神経痛とは?

坐骨神経に沿った部分に痛み、しびれがでる症状を坐骨神経痛と呼びます。

 

坐骨神経は腰椎下部から仙骨を通り、お尻の辺りからももの裏を通り、膝裏周辺で名前を変えて二手に分かれ、足に向かって走行していきます。

 

二手に分かれた神経も、足に向かうにつれ枝分かれしていきます。

 

坐骨神経痛の主な原因としては、神経の圧迫、病気が原因となるもの、画像検査でも原因不明なものがあります。

当院の坐骨神経痛に対する考え方

当院の坐骨神経痛に対する考えは、内科的疾患、早急に手術が必要な場合を除き、ほとんどの坐骨神経痛の症状は改善していくということです。

 

坐骨神経痛の症状で来院される方のほとんどが、病院で検査をして、腰椎椎間板ヘルニアだったり、椎間板が狭くなってきているからといわれた方です

 

神経が圧迫されていたら、「薬で痛みを抑えるか、手術をするしかないのか」というとそうではありません。実際、画像で神経が圧迫されていても症状が出ていない方もたくさんいます。

 

また、腰椎椎間板ヘルニアは、自然に出ていたものが凹んでいくこともあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアなど、画像で神経が圧迫されていることが、痛み、しびれには直接関係ないことが多いということです。

 

姿勢、筋肉、関節の問題、内臓機能の低下、睡眠、寝具や寝方など、あなたにとっての坐骨神経に異常をきたす要因を取り除くことで、ほとんどの坐骨神経痛の症状は消えていきます。

  • 腰のレントゲン
  • 腰を痛がる女性

料金価格

坐骨神経痛の主な症状

  • お尻から足にかけて片側に痛み、しびれがでる
  • 親指に力が入らない
  • 足が上がりずらく歩きにくい
  • スリッパが脱げる
  • 歩行困難
  • 会陰部の違和感
  • 排尿障害(尿失禁や頻尿など)
  • 立っていると足が痛くなって、立っていられなくなる

こんな症状がある場合はすぐに病院へ

注意

・歩行困難(歩行時に足首が上がらない、足に力が入らない)

 

・排尿障害(尿がでない、残尿、失禁、排尿遅延などの機能障害)

 

このような症状が出た場合は、なるべく早く病院での検査を受けて下さい。手術が必要な場合は、遅れるほど後遺症が残る率が高くなります。

 

坐骨神経痛の症状がでる疾患

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 変形性腰椎症
  • 脊椎分離症、すべり症
  • 梨状筋症候群
  • 帯状疱疹
  • 脊髄腫瘍
  • 糖尿病など

一般的な坐骨神経痛の改善法(原因が内科的疾患でない場合)

  • 動かせる範囲で体を動かすようにする
  • 整体、鍼灸、カイロプラクティックなどで身体の調整をしていく
  • コルセットを付ける
  • ストレッチなど

病院での坐骨神経痛に対する処置(手術を除く)

薬物療法

薬

坐骨神経痛の症状により、痛み止め、神経障害性疼痛治療薬、筋緊張弛緩薬、血管拡張薬などが用意られます。

神経ブロック療法(注射)

神経ブロックのイメージ

局所麻酔薬を神経や神経の周辺に注射して痛みをなくす方法になります。

 

薬が神経に作用し、痛みの伝わる通り道をブロックすることで、痛みを取り除きます。痛みが緩和されることで、血行促進、筋緊張緩和につながり、痛みのストレスも解消され、身体が回復していきます。

 

1回で痛みが無くなる方もいますが、薬物療法と併用して定期的に何回か行い、状態の経過観察をしていきます。

理学療法(リハビリテーション)

運動療法
温熱療法
電気療法

どこで、何をすればいいの?

まずは、これらの処置をして症状が楽になる方、変わらない方がいるということです。

 

例えば病院で神経ブロックの注射を2回したら坐骨神経痛でなくなったという方もいれば、楽になるのは、薬が効いているときだけという方もいます。

 

坐骨神経痛は様々な原因で起こるので、症状が続く場合や、日常生活で支障が出る場合は、病院で検査を受けて下さい。

 

内科的な病気が原因の場合、病気への治療をしていく必要があります。

 

早急に手術が必要な場合は、手術を受け入れていくことも必要です。

 

それ以外の場合は、病院と併用しながらでもいいので、しっかりと身体の調整をしてくれるところへ行ってください。

 

病院の画像検査ではわからない体の状態を確認していくことで、自分が何をしていかなければいけないのかわかってきます。

 

身体の健康な状態を維持していくには、自分の身体が今どのような状態なのかを知ることが大事になります。

それを知ることで身体にかかる負担を減らすことができ、生活習慣の改善にもつながります。

つまり、疲れがたまっても自分の力で身体を回復させる機能を高めていかなければいけないということです。人は、ケガや、病気をした時に自分で治していく機能が備わっています。

しかし、何らかの問題でその機能が落ちてくるわけです。その問題としては、姿勢、関節可動域、筋肉の緊張、内臓の機能低下、加齢、ストレスなどが関係していると考えています。

この状態になると血液循環も悪くなっていきます。血液により酸素や、栄養素などが細胞に運ばれるため、血流が悪くなると様々な問題がでてきます。

 

当院では考えられる問題を調整していくことで、健康な身体に近づけていきます。そうすることで坐骨神経痛もなくなっていきます。

料金価格

LINEからの予約・お問い合わせ方法

LINE予約

LINEで予約するをタップして、【やまぐち鍼灸院】を友達追加していただくと、当院からの返信が届きますので、その案内を参考にしてメッセージを送ってください。

※当日のご予約はお電話にてお願いします

当院の坐骨神経痛に対する施術ポイント

施術ポイント1(文字)

カウンセリング

カウンセリング

カウンセリングではまず、1番の悩みを聞いていきます。

 

症状に対して経緯や現在の状態、どのような状態になりたいかを確認します。また、他にお体のことで気になることや、過去の病気や怪我などがあればそれもお聞きします。

 

どのような経過をたどってきたかを確認し、イメージすることで検査や施術の効果に反映させていきます。

施術ポイント2(文字)

症状が出ているところ以外も検査をする

施術(検査)

坐骨神経痛を訴えられている方に対して腰から下だけを検査してもあまり意味がありません。

 

なぜなら、坐骨神経痛の原因が症状のあるところだけとは限らないからです。

 

姿勢や上半身、腹部なども検査をすることで、他にも原因があるかをチェックしいていきます。

施術ポイント3(文字)

全身調整と鍼灸

  • 施術
  • 鍼
  • 灸

筋肉、関節の調整をすることで体の血液循環を健康な状態に近づけていきます。

 

その後調整ではとりきれない筋肉のこり、張り、深層の筋に対して鍼をしていきます。

筋肉に鍼を刺すことで、血流が促進し、自己治癒力が高まります。

また、内臓の機能低下などが考えられる場合には経絡を使った鍼施術をしていきます。

 

来院時の症状に合わせ、施術していくことで、坐骨神経痛で悩まない健康な状態にしていきます。

当院が選ばれる3つの理由

1. 全身の調整と鍼灸による施術とあなたに必要なケア、アドバイス

施術

当院ではまず、鍼灸をする前に全身の調整をします。

症状があるところだけではなく、検査で気になった部分の筋肉や関節などの調整をしていきます。体に強い力をかけない負担の少ない施術になります。調整をすることにより鍼灸をするための土台作りをします。

 

鍼灸では症状により、深層の筋硬結や不調の原因と考えられる筋肉に鍼をしていく場合と、経絡による調整をしていく場合があります。

鍼の強みは、鍼で直接筋肉(組織)にアプローチできることと、東洋医学からのアプローチをすることで様々な身体の反応を引き起こすことができることだと考えています。

鍼についてはこちらを参照ください。
鍼はどんな作用があるの?

 

お灸は台紙の付いた直接火があたらないものを使用しますので、火傷の心配はありません。

 

施術だけでなく、自分でも効果的なケアをすることで、早期回復や再発防止につながります。また、身体に負担をかける癖がある方には、アドバイスをすることで同じような症状で悩まなくなっていきます。

2. 予約制で個室だから他の人が気にならない

施術室

当院は、一人鍼灸院になります。

 

予約制で個室なので、他の方に施術中の会話を聞かれるということはありません。悩みをなくしていくためには、人には聞かれたくないことも話していただくこともあります。気になることはどんなことでもいいのでお話し下さい。

 

予約時間には余裕をもって時間をとっていますので、施術中に他の方が来院するということもほとんどありません。

 

3.スペースに余裕がある 駐車場がある

駐車場

当院の駐車場は3台分あり、スペースにも余裕があります。道に面しており、車の通りもそれほど多くありませんので、出入りも難なくできます。

 

また、平日は21時まで受付しており、仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。土曜日も15時まで受付しているため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

予約制のため、ご来院いただいた際は待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

追伸

院長の写真

当院へは様々な症状でお悩みの方が来院されます。

 

鍼灸は痛いこわいというイメージをお持ちの方が多いと思います。鍼を刺すわけですから、鍼が皮膚を貫く(切皮)ときに痛みを感じたり、時には出血をすることもあります。

 

しかし、想像しているより痛みが少ない、もしくは無痛の方が多いですし、出血もほとんどしません。
鍼は体内に刺すことができる数少ない施術です。

 

今までいろんな施術を試してきたけど、良くならなかった方が、鍼をすることで改善していくことは多いです。

 

当院は、薬を減らしたい薬をやめたいという方に対して、体質の変化を目的とした施術を行っていき、薬に頼らない健康な身体の状態を目指していきます。

 

鍼灸院に行くのは足がひけるという方が多いですが、実際来ていただいた方は、「もっと早く来ればよかった」と言われることがよくあります。

 

不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

文字(やまぐち鍼灸院 院長  山口 勲)