ばね指

ばね指バナー

ばね指バナー

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 指を曲げて伸ばそうとすると引っかかる
  • 朝起きた時に指が伸びない
  • 痛くて力が入らない
  • 仕事や家事に支障がでてしまう
  • 数ヶ月痛みが続いているため手術をしようか悩んでいる

ばね指は、仕事で指や手首を酷使する方だけではなく、子育て中のお母さんや更年期の女性にも多くみられます。

原因は異なりますが、検査をして、原因と考えられるところを調整していき、日頃の手首や指の使い方を変えていくことで、痛みや引っかかりは少しづつ改善していきます。

料金価格

施術院に直接行って、施術を受けてみないと自分に合っているかわかりません。

鍼灸の施術が初めての方や施術院にも行ったことがない方、電話しようか迷っている方が初めての鍼灸院で施術を受けて頂きやすいように、HPをみて頂いた方限定で初回特別価格にて施術させていただきます。

つらい症状、慢性的な症状でお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。

ばね指とは?

ばね指とは腱鞘炎が進行することにより、指を曲げてから伸ばす時に引っかかり、それでも伸ばそうとした時に「バチン」とはじかれたようになる症状です。
さらに進行すると指が動かなくなります。

 

※腱鞘炎
手首や指を動かす時には、が骨と筋肉をつなげ腱によって骨が動きます。その時、腱が骨から離れないように覆っているのが腱鞘といいます。

腱鞘はトンネル状になっていて、その中を腱が通ります。指を動かす時には、腱が腱鞘の中を行ったり来たりと通過します。

腱は腱鞘の中をスムーズに動くようになっていますが、指に力を入れながら動かしたり、同じ動作を何度も繰り返していると、腱と腱鞘がこすれ合い、炎症を起こしてしまいます。

炎症が起きると、腱は太くなるので、腱鞘はトンネル状になっている部分が狭くなり、動きにくくなります。この状態で同じような動作を続けていると、悪化してしまい、痛みや、腫れが出てきます。

ベルトが付いているズボン

イメージとしてはベルトで例えるとわかりやすいかも知れませんね。ベルトが腱でベルトループ(ベルトを通すところ)が腱鞘と思って下さい。

ベルトの一部が太くなったり、ループが狭くなることでベルトを抜こうとする際に、ループのところで引っかかってしまうという感じです。

当院のばね指に対しての施術の考え

ばね指になる要因としての多くは手首、指を酷使していることが考えられます。また、女性ではホルモンバランスが関係(ホルモンバランスの変化により腱や腱鞘が弱くなる)したり、疾患(糖尿病、リウマチ)、透析をされている方にばね指の症状になりやすいといわれています。

 

当院のばね指に対しての施術の考えは、
痛み、引っかかる部分に負担がかかり、炎症が起きているということは、症状が出ているところに関係する指、手首、肘、肩の関節や筋肉の不調があるためだと考えています。

本来なら連動して動かし負担を減らすはずが、うまくできずに手首や指に負担がかかってしまいます。

なかなかよくならない方は血液循環の低下が考えられます。血液循環を正常な状態に戻していくことにより、回復しやすくしていきます。

 

手の使い方を変えることにより、指や手首にかかる負担が減ります。例えば、産後の女性で、一人目の時はばね指になったけど、二人目の時はならなかったという方が多くいます。

それは、一人目の時は育児が初めてで、赤ちゃんを支える時や、抱っこをするときに落とさないように、よけいな力が入ったり、手首や指だけで支えようとしてしまうからです。

そうすると関節が固定され、負担もかかりやすくなります。二人目の時には赤ちゃんの扱いにも慣れ、自然と負担がかからない手や体の使い方ができ、手首に負担がかかりにくくなります。

病院でのばね指に対する処置

  • 装具療法
  • 注射
  • 手術療法

ばね指に対する一般的な対応

  • 安静にする
  • 薬物療法(貼り薬、塗り薬、飲み薬)
  • テーピング、サポーター
  • ストレッチ

ばね指に対する施術

施術ポイント1  カウンセリング

カウンセリング

カウンセリングではまず、1番の悩みを聞いていきます。

 

症状に対して経緯や現在の状態、できないことは何なのかを確認します。また、他にお体のことで気になることや、過去の病気や怪我などがあればそれもお聞きします。

 

どのような経過をたどってきたかを確認し、イメージすることで検査や施術の効果に反映させていきます。

施術ポイント2  患部以外も検査をする

施術(検査)

ばね指の場合は症状が出ているところだけ検査してもあまり意味がありません。なぜなら、ばね指になった原因が指や手首だけだとは限らないからです。

 

上肢だけでなく全体的に検査をすることで、他にも原因があるかをチェックしいていきます。

施術ポイント3  全身調整と鍼灸

  • 施術
  • 鍼
  • 灸

筋肉、関節の調整をすることで身体の血液循環を健康な状態に近づけていきます。

 

調整ではとりきれない筋肉のこり、張り、深層の筋に対しては鍼をしていきます。当院のばね指に対しての鍼での施術は、痛いところ、腫れているところに直接鍼をすることはありません。筋肉に鍼を刺すことで、血流が促進し、自己治癒力が高まります。

 

来院時の症状に合わせ、施術していくことで、ばね指で悩まない健康な状態にしていきます。

当院が選ばれる3つの理由

1. 全身の調整と鍼灸による施術とあなたに必要なケア、アドバイス

施術

当院ではまず、鍼灸をする前に全身の調整をします。

症状があるところだけではなく、検査で気になった部分の筋肉や関節などの調整をしていきます。体に強い力をかけない負担の少ない施術になります。調整をすることにより鍼灸をするための土台作りをします。

 

鍼灸では症状により、深層の筋硬結や不調の原因と考えられる筋肉に鍼をしていく場合と、経絡による調整をしていく場合があります。

鍼の強みは、鍼で直接筋肉(組織)にアプローチできることと、東洋医学からのアプローチをすることで様々な身体の反応を引き起こすことができることだと考えています。

鍼についてはこちらを参照ください。
鍼はどんな作用があるの?

 

お灸は台紙の付いた直接火があたらないものを使用しますので、火傷の心配はありません。

 

施術だけでなく、自分でも効果的なケアをすることで、早期回復や再発防止につながります。また、身体に負担をかける癖がある方には、アドバイスをすることで同じような症状で悩まなくなっていきます。

2. 予約制で個室だから他の人が気にならない

施術室

当院は、一人鍼灸院になります。

 

予約制で個室なので、他の方に施術中の会話を聞かれるということはありません。悩みをなくしていくためには、人には聞かれたくないことも話していただくこともあります。気になることはどんなことでもいいのでお話し下さい。

 

予約時間には余裕をもって時間をとっていますので、施術中に他の方が来院するということもほとんどありません。

 

3.スペースに余裕がある 駐車場がある

駐車場

当院の駐車場は3台分あり、スペースにも余裕があります。道に面しており、車の通りもそれほど多くありませんので、出入りも難なくできます。

 

また、平日は21時まで受付しており、仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。土曜日も15時まで受付しているため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

予約制のため、ご来院いただいた際は待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

料金価格

追伸

院長の写真

当院へは様々な症状でお悩みの方が来院されます。

 

鍼灸は痛いこわいというイメージをお持ちの方が多いと思います。鍼を刺すわけですから、鍼が皮膚を貫く(切皮)ときに痛みを感じたり、時には出血をすることもあります。

 

しかし、想像しているより痛みが少ない、もしくは無痛の方が多いですし、出血もほとんどしません。
鍼は体内に刺すことができる数少ない施術です。

 

今までいろんな施術を試してきたけど、良くならなかった方が、鍼をすることで改善していくことは多いです。

 

当院は、薬を減らしたい薬をやめたいという方に対して、体質の変化を目的とした施術を行っていき、薬に頼らない健康な身体の状態を目指していきます。

 

鍼灸院に行くのは足がひけるという方が多いですが、実際来ていただいた方は、「もっと早く来ればよかった」と言われることがよくあります。

 

不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

文字(やまぐち鍼灸院 院長  山口 勲)