頚椎椎間板ヘルニアとは?

頚椎椎間板ヘルニアといわれ、いまいちどんな病気かわからまいまま病院で定期的に治療をしているけど、整体や鍼灸などの施術を受けてもいいのか不安に思っていませんか?
【頚椎椎間板ヘルニア】と【頚椎椎間板ヘルニアでも整体院や鍼灸院などで施術を受けてもいいのか?】についてご紹介していきます。

目次
1、頚椎椎間板ヘルニアとは?
2、症状
3、原因
4、診断
5、病院での主な治療
6、頚椎椎間板ヘルニアでも整体院や鍼灸院などで施術していいのか?
7、アドバイス

頸椎椎間板ヘルニアとは?(バナー)

1、頚椎椎間板ヘルニアとは?

頚椎椎間板ヘルニアとは、椎間板が破損して、髄核が飛び出して神経を圧迫することにより症状が出る病気です。頚椎(首の椎骨)は7つあり、椎骨と椎骨の間には、クッションの役割をする椎間板というものがあります。
椎間板の中に核となる髄核というものがあり、何らかの原因で椎間板の線維が破損して髄核が後方に飛び出すことにより神経を圧迫して起こります。後方には強靭な靱帯があるため、そのまま後ろに飛び出すことは少なく、左右どちらかに飛びだすことが多いため、症状も左右どちらかに出ることがほとんどです。中には後ろに飛び出すことにより神経の束である脊髄を圧迫してしまう場合があります。その場合は、症状が両側に出て、手だけではなく、足がしびれたり、歩行困難、排尿障害が出ることがあります。

※ヘルニアとは正常な位置からはみ出すという意味があり、脳ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、鼠径【そけい】ヘルニア(脱腸)などがあります。

2、症状

  • 首、肩、腕、手の痛み、しびれ
  • ボタンがしめにくい、箸がうまく使えない
  • 両側の手、手足のしびれ
  • 手に力が入りにくい、感覚異常
  • 歩行困難
  • 排尿障害

3、原因

  • 加齢(30~50代に多い)
  • 姿勢
  • 運動不足
  • 急激な負担が首にかかる

4、診断

  • MRI検査
  • 感覚異常の有無
  • 力が入るかの検査
  • 手足の腱反射の以上の有無

5、病院での主な治療

  • 頚椎カラー(頚椎の固定)
  • 薬物療法
  • 神経ブロック
  • リハビリ
  • 手術療法
  • 頸椎カラー
  • 神経ブロック
  • 薬

首を動かすと痛みがでる方は、頚椎カラーを付け、頚椎の可動域をおさえ負担を和らげます。
消炎鎮痛剤の使用や、ビタミン剤、神経ブロック注射をして痛みを和らげます。
牽引をしたり、運動療法をすることもあります。これらで症状が改善せずに、手足の筋力の低下、しびれが続く場合や、歩行障害排尿障害などの症状がある場合は、手術療法も考えていきます。特に歩行困難や排尿障害が出た場合は早めの対処が必要になるので早めに先生に相談しましょう。

6、頚椎椎間板ヘルニアでも整体院や鍼灸院などで施術していいのか?

筋力の低下があり、歩行困難な症状が続き、排尿障害がある場合を除き、病院での治療で改善しない場合は、整体や、鍼灸院など体をみてくれるところに行くべきだと考えています。

病院でヘルニアと診断され、薬とブロック注射を数回したら痛みが無くなったという方もいれば、手術をしても完全に痛み、しびれがとりきれなかったという方もいます。

病院で薬やリハビリをして症状が良くなっていく方は、病院だけでいいと思っています。しかし、薬やブロック注射をしても症状が変わらない方や、一時的に良くなるだけの方、早く良くなりたい方は、体を調整していくことで改善が見込めます。

病院と整体、鍼灸院などではみているところが違います。病院では画像検査で目に見える形で患部の状態を検査してくれます。整体や鍼灸院ではそれはできませんが、病院ではしない検査をしていきます。これは、頚椎椎間板ヘルニアの症状が起きているのは患部のみが原因だとは限らないからです。首に負担をかけている他の部分(関節の固さ、姿勢、歪み、筋肉の状態、内臓機能の低下の有無など)が原因で症状が出ているからです。これは様々な意見があると思いますが、私はそう考えています。患部に負担がかかっているからその負担になる部分を調整していきます。

人は怪我や病気をした時に、特定のケガや病気を除き、自然に回復していきます。これには個人差があり、怪我をしても早く治る人、長引く人がいます。また、身体の状態も関係してきます。体の調整をすることにより、自分で回復する力がうまく機能するようになっていき、早期改善にもつながります。

症状が良くなっても同じ習慣を続けていては再発の危険もありますので、あなたに必要なアドバイスをしていきます。

病院へは行かずに整体や、鍼灸に行って下さいというわけではなく、病院とうまく併用していけばいいと思っています。病院での検査も必要ですし、痛み止めで少しでも痛みが楽になるなら、飲むべきだと考えています。飲むことにより痛みが緩和され、ストレスの軽減にもなります。薬が嫌だからといって、飲まずに我慢する方がストレスが溜まり、身体に不調をきたす場合もあります。信頼できる施術院で施術やアドバイスをもらうことにより徐々に薬も減らしていき、薬を飲まなくてもいいようになってきます。

7、アドバイス

施術院を探すポイントは、患部(頚部)を強く押したりするところではなく、体を全体的にみてくれ、刺激の少ない患部に負担をかけない施術で調整してくれるところです。頚椎椎間板ヘルニアは負担がかかっていることが原因にもなるので、患部への強刺激は悪化させる場合があるので避けて下さい。

肩から腕の痛みについて詳しくはこちら

肩から腕の痛み

この記事に関する関連記事