半月板損傷に対する当院の施術ポイント

施術ポイント1(文字)

カウンセリング

カウンセリング

カウンセリングではまず、1番の悩みを聞いていきます。

症状に対して経緯や現在の状態、今の状態からどのようになりたいかを確認します。また、他にお体のことで気になることや、過去の病気や怪我などがあればそれもお聞きします。
どのような経過をたどってきたかを確認し、イメージすることで検査や施術の効果に反映させていきます。

施術ポイント2(文字)

患部以外も検査をする

施術(検査)

半月板損傷は、膝だけ検査して、施術をしても痛みがとれないことがあります。なぜなら原因が痛みがでている部分だけだとは限らないからです。患部以外も検査をすることで、他にも原因があるかをチェックしいていきます。

施術ポイント3(文字)

全身調整と鍼灸

  • 施術
  • 鍼
  • 灸

筋肉、関節の調整をすることで身体の血液循環を健康な状態に近づけていきます。その後調整ではとりきれない筋肉のこり、張り、深層の筋に対して鍼をしていきます。筋肉に鍼を刺すことで、血流が促進し、自己治癒力が高まります。内臓の機能低下が考えられる場合は経絡(ツボ)に鍼、灸をしていきます。

来院時の症状に合わせ、施術していくことで、半月板損傷の症状で悩まない健康な状態にしていきます。